隠しカメラの間違った使い方

隠しカメラの間違った使い方


隠しカメラの間違った使い方はいくらでもありますが、

一番間違った使い方は盗撮をする事です。これは犯罪ですので問答無用です。


「隠しカメラ」と検索しても色々なサイトが表示されますが、

ほとんどは盗撮厳禁などという表記がしてありますので、

何も盗撮を推奨している訳ではありませんし、推奨しているサイトはまともではありません。


実際に注文しても商品が届かないなんていう事も当然考えられますので注意して下さい。


では、どんな使い方があるのか?という事についてですが、

主にビジネスシーンでの活用が多い事がレビューからも見受けられます。


▼ レビューが多いサイト
隠しカメラ 腕時計・置時計・ペン・キーレス型 超小型@盗撮禁止


ビジネスシーンを具体的に解説すると、例えば会議や商談の際に録画をしたり、

ボイスレコーダーとして活用したりという事になりますが、

主に契約の際に自分が不利にならないように、言った言わないのトラブルにならないように

使用するケースが多いようです。


もはや、出来るビジネスマンの必須アイテムと呼ばれる日も近い?のでしょうか。

もちろん、自社の会議でも議事録作成用などにも活用できるのでとっても便利です。


使用される小型カメラのタイプとしては、スーツにフィットしやすいアイテムが多く、

主に腕時計型やペン型が使用されています。

会議室に常備するのであれば、置時計型などもオススメです。


そのほかにも、あなたのアイディア次第で使用の用途は広がります。