トイレ盗撮 傾向と対策について

トイレ盗撮 傾向と対策について


年々増え続ける盗撮被害の一つにトイレ盗撮が挙げられます。


トイレ盗撮というと、ゴミ箱の中や芳香剤や造花付近に仕掛けられているイメージが

強いのですが、最近ではそのパターンは少ないように感じられます。


というのも、最近のニュースなどで報道されている内容を注視していると、

隣の個室に潜んでいるケースが多いからです。


だいたいは、トイレに忍び込むのが容易な職場の関係者による盗撮が多く、

超小型のビデオカメラを使って隣の個室から動画を撮影しているようです。

その他にも便座の裏側に取り付けるタイプなどもあります。


以上の事から言える事は、とにかく個室内に置いてあるものには注意が必要である事と、

和式であればドアの下側から、洋式であればドアの上側から撮影される可能性が高いので、

隣の個室からの盗撮にも注意が必要です。


最近では非常に残念な事に、盗撮カメラを仕掛けたり撮影をしたりしている犯人が

女性という事があります。これは、お金目当ての犯行という事がほとんどです。

同じ悩みを抱える女性でありながら、そのような行動をとるのは残念ですね。


最近では、超小型カメラもかなりのハイスペック構造になっていますので、

出来る限り事前に対策をしていきたいものです。