盗撮カメラはこんな場所に仕掛けられている!

盗撮カメラは公衆トイレにも仕掛けられている


毎日のように新しい盗撮被害のニュースが報じられていますが、

実際にどういう場所に仕掛けられているケースが多いのかを最近のニュースから検証してみました。


1、職場の更衣室を盗撮


最近のニュースでは、盗撮犯がSDカードを職場でおとした事から中身がバレてしまい

盗撮が発覚したという事件がありました。実際は職場の規模にもよりますが、

ある程度の人の流れが分かれば、更衣室に盗撮カメラを仕掛ける事はそう難しい事ではないと思います。

何気なく置いてある段ボールなどに仕掛けられているケースが非常に多いので注意して下さい。


2、学校の教室を盗撮


これは体育の時間などに教室で女子生徒が着替えをする事を狙った盗撮です。

皮肉なことに教師が仕掛けたという事件も多数あり、残念ながら油断できない状況です。

また、女性が女性を盗撮してそれを販売するという事件も多発しておりますので、

不自然に置かれている箱や死角になりやすい場所への隠しカメラの設置にご注意を!


3、女子トイレを盗撮


学校、職場、公衆トイレなど様々な場所に仕掛けられている小型カメラ。

中には個室に潜んでいて、誰かが入ってきたら下の隙間などから盗撮をするパターンもあるようです。

他にも、汚物入れや紙袋などに仕掛けられている事もあります。

発見するのはなかなか難しいですが、自分の身は自分で守るしかありませんね・・。


※盗撮は犯罪ですので絶対にやめて下さい。

関連記事

関連記事はありません