盗撮被害が増加!エスカレーターが最も危険

盗撮被害が増加!エスカレーターが最も危険

 

スマートフォン専用の無音カメラアプリによって盗撮被害が増えているらしい・・

そんな噂がネット上のあらゆる場所で話題になっています。

 

従来の盗撮というと、バッグにデジカメを仕込んだり、靴に小型カメラをくっつけたり、

偽装性の高いカモフラージュカメラを駆使したりといった方法がベターでしたが、

今では検挙数の約半分が“スマートフォン”などの携帯電話を使った盗撮のようで、

無音カメラアプリを使用した盗撮もかなりの割合を占めているようです。

 

でも、これって逆手にとればスマホ盗撮は“見つかりやすい”という事のような気がします・・。

実際に警察にとってみれば“流行りの手口”でしょうし、一般にも広く認知されはじめていますから、

今となってみれば、一番警戒されている方法なのではないでしょうか?

 

◆盗撮が多い場所

一番盗撮されるケースが多い場所はエスカレーターのようです。

確かにエスカレーターは後ろの人からも死角になりそうですし、

盗撮されている本人もゴソゴソ音でもしない限りなかなか気付けないような気がしますね・・・。

一人用幅のエスカレーターの場合は、横からばれるという事もありえないでしょうからやっかいです。

 

◆盗撮の種類

検挙された内の約8割が動画撮影だったようです。

撮影された動画がネット上に広まったら回収不可能・・・大変な事になります。

例え盗撮犯が自ら公開しなくても、パソコンがウイルスに感染していた場合などには、

勝手に動画ファイルが世界中に公開されてしまう可能性もあります。

 

残念な世の中ではありますが、自分の身は自分で守るしかないですね。