女性が女性を盗撮 児童買春・ポルノ禁止法違反罪で

女性が女性を盗撮 児童買春・ポルノ禁止法違反罪で略式起訴


男性が女性を隠し撮りすというのが一般的な盗撮被害ですが、

最近では金銭目当てで女性が女性を盗撮するというケースが増えてきています。


そして今回の場合は、18歳未満の女児が入浴しているシーンを盗撮した様なのですが、

それをどうするつもりだったのか?という事は公表されていません。


レズビアンで同性に興味があったのか?どこかに売ってお金を稼ぐつもりだったのか?

それらはいまも謎のままです・・。


しかし、入浴中を隠し撮りするとなると、どういったカメラを使用したのでしょうか?

普通のデジタルビデオカメラで隙間から撮影したなんていう古典的な方法なのか、

それともカメラのレンズが曇りにくい場所に固定して小型カメラなどで撮影したのか・・。


いずれにしても、異性だけではなく同性も敵にまわってしまうとは残念な話ですが、

自分の身は自分で守らなければいけませんから、常日頃からの警戒は必要ですね。


どこかに動画を売られてしまって、インターネットを通じて広まりはじめたらあっという間に世界中へ・・

もはや回収不可能な状態に陥ってしまいます。


実際に盗撮した女性は罰金100万円の略式命令&懲戒解雇されましたが、

逆をかえせばその程度で済んでしまうんですね・・。