公衆トイレに仕掛けられる無音カメラ(隠しカメラ)の種類

公衆トイレに仕掛けられる無音カメラ(隠しカメラ)の種類


盗撮被害の代表格ともいえる公衆トイレでの盗撮。

公衆トイレでの盗撮と言えば、個室内に置かれているゴミ箱や花瓶などに小さな穴が空いていて、

その中にピンホールカメラが仕掛けれらているというイメージを持っていませんか?


確かに昔のニュースを振り返ってみると、そのようなケースが目立っています。

仕掛けたカメラを回収に行ったときに捕まったなんていうニュースが良く流れてましたよね・・。


しかし、最近の盗撮はそのような手法で行われる事は少ないように感じますし、

盗撮犯も馬鹿ではありませんから、みんなが想像できる手法をわざわざ使いませんよね。


そこで最近増えているのが、隣の個室にこっそり潜んで盗撮するという方法のようです。


つまり、あらかじめ個室に潜入しておいてターゲットの女性が隣の個室に入ったら

下の隙間や上から小型のカメラを使って盗撮しているそうです。


もちろんこのような場合に使用される超小型のカメラも、盗撮目的で開発されている訳ではなく、

元々は防犯用だとは思うのですが、残念ながらそんな使い方もされているようなんです。


例えばこんな隠しカメラがありますが、これらも動体検知機能などを使えば立派な防犯カメラになります。

使い方によっては・・・、使う人によっては・・・。


いま話題の無音カメラアプリと同じで、正しい使い方をお願いしたいものです。